おすすめのサイコロ使ったカジノゲーム

カジノサイコロ

カジノといえばトランプを使ったゲームを思い浮かべる人が多いと思いますが、実はサイコロを使ったテーブルゲームは非常に人気があります。

今回は主にカジノで遊ばれる、サイコロゲーム(ダイスゲーム)を詳しくご紹介していきます。

サイコロとは

サイコロとは遊びや賭け事に使われる小さな6面体の道具。各面に1から6までの目が書いてあり、反対側の面との合計が7となるように作られています。

この現在と同じ形のサイコロの発祥地は古代インドとも古代エジプトとも言われており、最古のものは紀元前8世紀頃のアッシリアの遺跡から発掘されたもの。もともとは占いや魔除けなどの道具として誕生したと言われています。

日本には中国経由で輸入されたようですが、今でも日本の神社や寺院でもサイコロを縁起物として飾っている所があるということです。

サイコロを使ったゲームの種類

ランドカジノやオンラインでプレイできるサイコロを使ったゲームはたくさんあります。特に有名なものをご紹介いたしましょう。

1.   クラップス

クラップスはサイコロゲーム界の王者。サイコロを使ったギャンブルゲームの中では文句なしの1位です。クラップスを始めるには、まずテーブルのレイアウトを覚えてクラップスの用語を覚える必要があります。でも、それさえできたら準備OK。2つのサイコロが振られる前にまでにベットを行うだけです。

はじめにカムアウトロールが行われます。このロールの前に、「パス」か「ドントパス」に賭けます。この後、シューターは7か11が出ることを期待してロール。もしシューターがこれらの数字を当てれば、パスのラインに賭けた人が勝ちです。もし2、3、12が出ればゲームは終了し、新しいシューターが選ばれます。それ以外の数字が出た場合はその数字がゲームのポイントとなります。

2.   シンプリファイドクラップス

クラップスには何十ものバリエーションがありますが、このシンプリファイドは、初心者におすすめのわかりやすいゲームです。プレイヤーが、2、3、4、10、11、12を投げれば勝ち、5、6、7、8、9を投げれば負けというルールでゲームが進行します。

名前にも「シンプリファイド」とついているように、とにかくプレイ方法が簡単なので、「サイコロを使ったゲームをなんでもいいからとりあえず試してみたい」という方にイチオシ!

3.   シックボー

シックボーは特にアジアで人気のあるサイコロゲームです。中国語で「Sic bo」とは「サイコロのペア」という意味で、3つのサイコロを使って遊びます。それぞれのベットに異なる配当が用意されており、ルーレットのように複数の結果に賭けることが可能。3つのサイコロの合計に賭ける「トータル」、サイコロの1つに出る数字に賭ける「シングル」、2つのサイコロに出る特定の数字に賭ける「ダブル」、3つのサイコロすべてに特定の数字が出るかどうかに賭ける「トリプル」などがあります。

最もポピュラーなベット方法は「スモール」と「ビッグ」。スモールでは3つのサイコロの合計が4から10であることに賭け、ビッグでは11から17であることに賭けます。なお、シックボーはアジアで人気があったにもかかわらず、アメリカのカジノに登場したのは1980年代に入ってから。カジノゲームとしては遅咲きの部類になりますね。

4.   ハザード

ハザードの起源は諸説あり、14世紀のイギリスだとも、12世紀にまで遡るとも言われています。ハザードの語源はアラビア語のal-zahr(死ぬという意味)。カジノによってはクラップスの代わりにハザードを提供しているところもあり、実際、両者はよく似たゲーム性をしています。

5.   チャック・ア・ラック

チャック・ア・ラックはオーストラリア発祥のゲームです。回転するケージの中で3つのサイコロが転がり、何個のサイコロが自分の選んだ数字になるかを賭けます。

非常にシンプルなゲームなのでサイコロゲームの入門編として最適ですし、カジノ初心者にも人気があります。

6.   クロンダイク

クロンダイクはアメリカの西部開拓時代に流行したサイコロゲーム。ポーカーのように5つのサイコロを使い、バンカーよりも良い手や組み合わせを出すことを目指して勝負します。

バンカーが最初に振って基準を決め、その後、プレイヤーが順番に振ります。プレイヤーがバンカーと同じ組み合わせを出した場合は負け、バンカーよりも良いコンビネーションを出せれば勝ちという、とてもシンプルなゲームです。

7.   バンカ・フランチェスカ

バンカ・フランチェスカは、ポルトガルのカジノで最も人気のあるゲームの一つ。3つのサイコロを使ってプレイする、ペースの速いゲームとなっています。

まとめ

カジノのダイスゲームは世界中のギャンブラーに人気があります。少しルールを覚えるだけでプレイの幅がグッと広がるので、是非トライしてみてください!